言葉のイメージ
言葉のイメージ

言葉のイメージ


いきなりですが

「霊能者」と、いうと

世間的にはあまりイメージが

よくないようです。


インチキとか、詐欺だとか(笑)


特に自分から名乗ってる場合(え)

すごーく胡散臭い人が多いらしい。


でも目指すことには変わりないので、

もっといいネーミング、ないっすかね?


スピリチュアルカウンセラー?(カウンセラーって?)

スピリチュアルヒーラー??(これは違うかw)

スピリチュアルファーマー???(霊農業者?w)

それとも

あまり能力がない 今だから言える

0(ゼロ=レイ)能力者!(は?)


そういえば今日の帰宅時、

信号待ちで対向車のライトを見てたら

光の粒子のようなものが視えました。


…ええ?と思い、試しに今度は

街灯の光を見つめました。

そこでも光の粒子のようなものが視えました!


表現するなら、細かい霧雨のような感じ。

あ、雨は降ってませんでしたよ。

これって何なんだ??

わずかな時間でわかったのは、

LEDでは視えないということぐらい。


こういう不思議なものが視えたのは、

2年前に参拝に伺った護国神社以来です。

ここでは、昼間でしたが

透明な丸い輪のようなものが

(うまく表現できません)

いくつも見えました。

※幼少期に声は聴いたことあります。

 笑い声でしたが。

現時点でわかることといえば、


・嫌な気配などを感じること。

・身体の何処に憑かれているかわかる。
 

↑これぐらいしかありませんが

「何かが視えた」という

貴重な例は今日で2回目。


今後はS先生と例の湖で

夜の遠足(?)をすれば

覚醒するんですかね??(笑)


何もかも視えたら、どうなるんだろう?

今以上に精神力と不動心を

鍛えなければいけませんね。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。