神社仏閣巡り その16 猿田彦神社
神社仏閣巡り その16 猿田彦神社

神社仏閣巡り その16 猿田彦神社


遠征編が続くにゃ☆

今日は猿田彦神社にゃ

公式HPには

「みちひらきの大神」の文字が

↓公式HPからの抜粋にゃ


※猿田彦大神は、ものごとの最初に

御出現になり万事最も善い方へ

“おみちびき”になる大神で、

古事記、日本書紀などにも

「国初のみぎり天孫をこの国土に

御啓行(みちひらき)になられた」

と伝えられています。

道を切り開くには

持ってこいなのかにゃ

行っておいてよかったにゃ

こちらはたから石といって

舟形の石は宝船を連想させ、

古来縁起の良いものとされているんにゃ

こちらのたから石は、

舟形の石の上に富を象徴する

白蛇が乗っているように見えるので、

特に縁起が良いとされているそうにゃ

(船+白蛇)

境内には、さるめ神社もあるにゃ

※天照大御神が天岩窟(あめのいわや)に

こもられたときに神楽をされ、

大御神が再び現れて

平和な世を迎えられたと伝えられます。

天孫降臨の際は猿田彦大神と最初にご対面、

大神が御啓行(みちひらき)の後は詔により、

ともに五十鈴の川上の地に来られ、

功により”猨女君”(さるめのきみ)の

称号を受けられました。


芸能、芸術、魂鎮、縁結びの神様でも

あるとのことなので、

道をひらいてもらってさらに良縁に

恵まれるという、何だか

お得な猿田彦神社に

是非、行ってみてにゃ(^^♪


御朱印はこちら↓
(猿田彦神社)


さらに御朱印はこちらにゃ↓
(さるめ神社)


こちらもバスツアーでどうぞ☆

アクセス(公式HP)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。