神社仏閣めぐり その11 前玉神社
神社仏閣めぐり その11 前玉神社

神社仏閣めぐり その11 前玉神社

久々だにゃ

いねむりにゃんこにゃ

今日は埼玉県行田市にある前玉神社にゃ

前玉 と書いて さきたま と読むんにゃ☆


↓公式HPからにゃ

※前玉神社は埼玉県行田市、

さきたま古墳群に隣接する神社です。

高さ8.7m、周囲92mほどの

浅間塚と呼ばれる古墳上に

建てられております


ご祭神は前玉彦命・前玉姫命の二柱であり、

人の身を守り、幸福をもたらす神様が

祀られています。

正面から

その前に、駐車場にもご神木

があったようにゃ

中に神様がいるにゃ

狛犬さんおじゃまします

鳥居をくぐり、右を見たら…

お友達にゃ☆

黒猫のミントちゃん(♂)

他にも3匹いるんにゃ

(ガガ、さくら、きなこDX)

実はミントちゃんは

山の中にいることが多く、

中々会えないレアにゃんこらしいにゃ☆

仲良くしてもらったにゃ

手水舎にはキレイなお花たち☆

ココを上ると本殿にゃ

と、ここで発覚したのだが

本殿の画像がないにゃww


※前玉神社が最初に

祀られた時代については、

一説には大化の改新(645年)より

一世紀以上さかのぼる安閑天皇、

宣化天皇あるいは雄略天皇の頃の

古墳時代(400年代後半~500年代前半)

ではないかと考えられています。

その名残として社は

古墳群に向かって祈願するように

建立されています。

前玉神社は千数百年の歴史を

持つ荘厳で由緒ある古社です。


本殿を参拝後、次は

左が天神社

学問の神様である

菅原道真公を祀る天神社です。

受験シーズンになると合格祈願

訪れる方が多くなります。


右が恵比寿社


商売繁盛の神様である

恵比須様と、

財福や五穀豊穣、

出世開運の神様である

大黒天様を祀っています。


そして、浅間神社へ

浅間神社は近世初頭、

忍城中にあった浅間神社を勧請し、

古墳上にある社を「上の宮」

中腹にある社を「下の宮」と呼んで、

浅間さまの名で親しまれるようになりました。

また、当社には富士浅間信仰が

盛んになってから、

富士の行者が己の命の終わるとき、

当所にのみ雪を降らすと言い残し、

その予言通り6月1日亡くなった日に雪が降り、

これを奇異とした忍城主下総守氏長が、

この地に浅間神社を祀ったという一説もあります。

さらにその後、明治神社へ

明治神社の詳細はこちら

 

 

龍神池もあるにゃ

参拝後、ミントちゃんが

待っててくれたにゃ☆

前玉神社ではネコにちなんで

毎月18日~24日には

ネコの限定御朱印を用意してるにゃ☆


詳しくは公式HPをみてにゃ

(郵送でも対応、詳しくはHPにて☆)



御朱印はこちらにゃ↓

※補足情報

鴻巣前玉三社巡り

前玉神社、三ツ木神社、大野神社

三社巡ると満願札がもらえるんにゃ☆

撮らせてもらったにゃ☆


最後に…

※前玉神社はその昔、

幸魂神社」と書きました。

魂が幸せになる神社として、

人と人の縁(えん・えにし)

特に男女の縁である恋愛成就夫婦円満

幸せな人生を送るために

最も大切なこととして、

遠い昔からずっと

人々に祈願されていたのです。

男女の良縁は幸せな人生へと導きます。


とても素敵な前玉神社☆

気になった方は是非♪

アクセス(公式HP)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。