波動のお話
波動のお話

波動のお話

波動とは??

スピリチュアル的なお話で


「波動が高い人」

「波動が低い人」


なんて耳にしますが、

あれってどういう意味なんでしょう?


以前にも紹介しましたが、

また改めて書いていこうと思います。


波動って何?

※人間や生物、物体は

 エネルギーを放っています。

 簡単にいうと、全てのものが

 持っているエネルギーを

 波動といいます。

 
 この世の物質というのは、

 素粒子からできています。

 素粒子は物質の最も小さい単位で、

 常に振動をしています。

 素粒子が集まってできた物体=振動している、

 と考えると、人間も生物も物体も、

 波動を持っているということになります。


数年前からは医学的にも波動という

言葉が使われるようになりました。

波動医学」といいますが、

これはまた別の機会にご紹介しますね。


波動の高い人の特徴


波動を高くすると、

どんな利点があるのでしょうか?

高い波動は高い波動を引き寄せる

らしく、例えば…


・引き寄せが起こりやすくなる

・運気が良くなる

・やる気が出る

・モテる(え?)

・波動に敏感になる


ここで、波動が高い人の特徴をあげると


・いつも元気

・ポジティブ思考

・目立つ(?)

・モテる(え?)

・自分の夢に向かい努力を惜しまない

・人を避ける(?)


…だそうです。

何点かわからないものもありましたが

最後の「人を避ける」ですが、


※波動が高い人は、自立しており

 自分軸をしっかり持っています。

 そのため他人の意見に流されることなく、

 自分で選択した道を真っ直ぐに

 歩んでいく力があるのです。

 周りと一緒に行動することはせずに

 1人でいることが多いため、

 人を避けているように見えるのでしょう。


うーん、そうなのか?

最初に書いた、

「高い波動は高い波動を引き寄せる」

というお話ですが、これは

波動の高い人は波動の高い人と

結婚することが多い、という事にも

なるらしいですね。


…あ、言われてみればそうですね
(ひとり言w)


波動が低い人の特徴


波動が低い人と一緒にいると、

こちらの波動まで下がるらしいです。

波動が低くなると…↓


・愚痴が多くなる

・イライラしやすくなる

・嫉妬してしまう

・自分を否定する


…だそうです。

波動の低い人の特徴をあげると


・体調を崩しやすい

・ネガティブ思考

・目立たない

・やりたいことがない

・夢がない


はい、さっき(波動が高い人)とは

真逆ですね。

波動が低い人は波動が低い人どうしで

グループなどを形成していることが

多いんだそう。

これもさっきのと似てますね。


じゃあどうすればいいんですか?

っていう話ですが、次に書きます。



波動を高くする方法



主に以下の事をするといいようです。


・質の良い睡眠をとる

・瞑想する(!)

・部屋の掃除をする(?)

・パワースポットに行く

・人の長所を褒める


こちらも微妙なんですがw

質の良い睡眠は

瞑想をすれば可能ですし、

瞑想をすれば

リラックスして自分を見つめなおす

時間が取れますし、

じゃあ瞑想すれば全て解決

しそうな気がしますが、そうでもないですよね?


掃除をするのも、場のエネルギーを

浄化すれば波動も上がる、という解釈で

いいのかな、と思います。


次は波動が上がってきたときは

どうすればわかるのか?について書きます


波動が上がった時の変化



これは、見分けるのが難しそうですが

↓以下の変化が現れるそう。


・眠くなる

・眠れない

・人間(友達)関係の変化

・鳥肌が立つ

・耳鳴りがする

・頭痛、吐き気がする


一番わかりやすいのは

・人間(友達)関係の変化


ではないでしょうか?

上の方にも書いてますが、

お互い引きあう、というなら

波動が上がる=波動が高い人が

引き寄せられるんですよね。


人間関係が急に変わったら、

それは波動が高くなった合図?


まとめ


波動を上げるには、普段からの

心がけが大切だと言えそうですね。


愚痴ばっかりいうのもアレですから、

毎日笑って過ごしていきたいですね。


とは言っても、連日続くマスコミの

コロナあおり報道ばかりでは

気も滅入ってしまいそうなので、

ここはひとつ、TVは視ないで

ネットで情報を収集しつつ、

youtube見て過ごしましょう(なんやそれw)


※子供憧れの職業の第1位ですからね

 ユーチューバーww








2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。