沖縄県の魅力について その3
沖縄県の魅力について その3

沖縄県の魅力について その3


そして最後はやはり石垣島ですね。

全ての離島へのアクセスが可能な

石垣島は、八重山諸島の玄関口であり

中心地でもあります。


澄んだエメラルドブルーの海に

囲まれた島内には、

1日に約7回色を変える(!)という

川平湾やマングローブの森、

88星座のうち84もの星座が望める

クリアな夜空などなど、

(2018年3月に星空保護区に指定)

美しい自然の風景も盛りだくさんです。


吹通川(ふきどうがわ)


野底岳を源流とする吹通川の全長は

約2.2kmあり、下流~河口では

海水と混じる汽水域になるため、

マングローブ群落が広がっています。


SUPやカヤックなどで

気軽に参加できるツアーが多数あります。


例えば…上流のさらにその奥にある、

縁結びの滝と呼ばれる

「屋比久の滝」までのカヤック

(またはSUP)&トレッキングツアー1日、

短時間(約3時間)でのカヤック体験ツアー

などなど、色々ありますよ☆


干潟もあり、シオマネキやミナミトビハゼ

(地元ではトントンミーと言われています)

などを見ることができ、とても癒されます。

※オススメアクティビティツアー会社は

吹通川観光さんです☆



平久保崎灯台



石垣島の最北端に位置する、

平久保崎灯台

この灯台に行くまでの道は

上り坂なんですが、まるで

エメラルドブルーの海に

吸い込まれるかのような

錯覚に陥ります。

さらに高台にも登れますが、

足元がもろく、危ないので要注意!


玉取崎展望台



石垣島の東側の海岸を

一望できる玉取崎展望台

広い駐車場はキレイに整備されていて

西側駐車場(山側)の方が展望台頂上に

近いので、そちらがオススメです。

年間を通してハイビスカスが咲いていて

夜は星空観察スポットにもなっています。

近隣にカフェとレストランがあり、

こちらからの眺望も最高にキレイです。



バンナ公園



石垣島の中央に位置するバンナ岳。

バンナ公園はそのバンナ岳を

中心にして広がる公園です。


バンナ公園はA~Fゾーンにわかれている

広大な公園なのですが、今回はその中の

エメラルドの海を見る展望台をご紹介。


その名の通り、エメラルドグリーンの海と

八重山諸島の島々や石垣市内、さらに

西側の名蔵アンパルなどを

一望することができます。


星空ツアーはもちろん、

ヤエヤマヒメボタル鑑賞ツアーや

リュウキュウアカショウビン鑑賞ツアー

などなど、多数のツアーがあり

どれを楽しもうか悩んでしまいます。



川平湾



石垣で最も有名かと思われる川平湾

1日で7回も色を変える、

表情豊かな海にも注目です。


川平公園展望台からは

エメラルドグリーンの海、白い砂浜、

川平湾に点在する小島が一望でき、

グラスボートでの遊覧は、

エメラルドグリーンの海を満喫できます。


シュノーケリングはもちろん、

SUP(夜間も有り)やカヤックでの

青の洞窟ツアーなどなど、

こちらも色々なツアーがありますので

お好みのツアーがきっと見つかるはず☆


御神崎灯台



石垣島最西端に位置する

御神崎(うがんざき)灯台


ウガンザキ、のウガンとは

八重山地方の方言で

神様が降臨する聖地 

という意味らしいので、

ここはパワースポットになります。


※心霊スポットという情報も

ありましたが、詳細は不明です。


断崖絶壁にあるので、高台から

海の眺望が楽しめる絶景スポットです。

また夕日&星空スポット鑑賞になっていて

そのキレイさは感動の一言です。


電信屋跡ビーチ



正式名称ではないかもしれませんが

電信屋跡ビーチ

地元の方によると、

・電信屋跡ビーチ

・大崎ビーチ

などと呼ばれていて、

地元の人しか知らない

穴場スポットになります。

とてもキレイですが遊泳禁止で

保護水面にも指定されているので

注意が必要ですが、

写真を撮るくらいでしたら

問題ないかと思います。


※保護水面とは、そこにある

全ての動植物を取ることが禁止

されている区域のことを言います。

なので、もちろん素潜りや釣りも

禁止されています。



まとめ


いかがでしたか?

今回は私の個人的な見解で

何か所かご紹介しましたが、

石垣島にはまだまだ観光スポットが

ありますので、

もし興味がありましたら

検索してみると意外と

楽しいかもしれませんよ☆


あと、あまり知られていませんが

石垣島はマグロ(近海もの)の名産地。


市内にお刺身を扱うお店が多くあり

手ごろな値段で新鮮なマグロや

こちらでは見かけない赤マンボウが

食べられるのも魅力的ですよね☆


すぐにでも行きたくなってきましたが

コロナ禍だからなぁ…(´;ω;`)


あ、興味がある方いましたら

もれなく、

ツアーガイドとして同行します(笑)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。