怪談を話す人
怪談を話す人

怪談を話す人


最初、このタイトルをPCで変換したら

「階段を離す人(?)」と出ました。

なんやそれ?w

とかツッコミを入れつつ、

最近、気になっている

怪談を話す人を調べてみました。


季節物なんですかね。

YouTubeでもかなりの人を見かけます。


こういうのを見るのも、

霊能者になるには欠かせない

要素のひとつ(知識として)

だと思っています。


正式には怪談師、と言うのでしょうか?

まぁそうはいうものの

調べるとやはり、

かなりの人が出てきました(汗)


そもそも怪談とは

※怖さや怪しさを感じさせる物語の総称

 日本古来のものを限定して呼ぶ場合もある


とのこと。


物語、という事は創作でもありなの?

なんて考えてしまいましたが、

話し方は違えど

皆さん似たりよったりなので

その中でも一際 存在感を放つ、

怪談和尚(!)といわれている

三木大雲氏をご紹介します。


数々の書籍を出されている三木大雲住職。

その経験の多くは、とてもインパクトのある

霊の話ばかりです。


京都にある蓮久寺には、三木住職に

助けを求める人が絶えないんだとか。


こちらでも怖い話を書いていますが、

それはもう桁違いで怖いです。


まずはその説得力のある、

現役の住職という職柄。

怪談説法という、

自身の体験(怪奇現象)などに

基づいた現代の怪談を

説法へと繋いでいて、

そして尚且つ仏教の教えまで

説いてくれるという(笑)

何かと効率がよさそうな感じがします。



そんな三木住職ですが、

宝くじ(1等)に当選されたことが

あるみたいですね!

このお話もとても面白いので

気になる方はココからどうぞ☆

YouTubeはこちらからどうぞ↓

YouTubeチャンネル


あちらこちらで講演も

行っているようですが

コロナの影響もあるので、

気になった方は要確認です☆

Amazonで購入しました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。