修行といえば?のお話
修行といえば?のお話

修行といえば?のお話


今日は修行のお話を

書いてみたいと思います。

一般的(?)に

修行の代名詞といえば滝行ですね。


その滝行ですが、どこに行けばできるのか?

ちょっと調べてみましょう♪


滝行の概要



※冷たさや水圧などに耐えながら

煩悩を取り払い、

無の境地となって心を静寂にする効果

があるとされています。


神道では

・禊(みそぎ)

・祓(はらい)

の神事でもあり、

仏教では修行の一環として

古来より行われています。

滝行とは、こんな感じらしいです。

以下、手順になります。

  1. 白装束を身に付ける(貸してくれます)
  2. 滝に向かって一礼
  3. 真言や経、祝詞を唱える
  4. 滝の前に進み、身を水につける
  5. 滝つぼに入る(はじめは冷たさで苦しいがこらえる)
  6. 徐々に苦しさが消えてゆき、水に打たれる感覚だけが残る
  7. 滝から出て体を拭き、身を暖める


滝にうたれてる最中は↓


雑念が湧く余裕がなくなる

・精神統一が行いやすい

自然と一体化する感覚が得られる


主な効果は↓(個人差があります)


・身も心も軽くなった

・煩悩が払われた

・心身ともに強くなった

・不安が解消された


などなど、多くありますが

これ以外にもさまざまな効果が

期待できるそうです。


※その他注意点は、現地でご確認ください。

近場で滝行


1、九頭龍神社

  東京都西多摩郡檜原村数馬7076

  
  九頭竜の滝での滝行ができるようです。

  ※公式HPには料金等の詳細はありませんでした。
  
   こちらで確認してください。



2、高尾山薬王院

  東京都八王子市高尾町2177


  蛇瀧(じゃたき)琵琶瀧(びわたき)の

  二滝を水行道場として滝行体験できるそうです。

  受付時間 午前9:00~午後3:00

  指導日時 毎月第一土曜日、十七日(御縁日)、二十七日

  ※各日とも午後12:00より

  指導開始入瀧料 1000円

  入瀧指導料 3000円(入瀧料含む)


  詳細はこちら でご確認下さい。



3、足柄修験の会

  神奈川県南足柄市矢倉沢2230


  夕日の滝では年間を通して滝行体験が

  できるようですがコロナのため縮小中です。

  ※9月の予約分は受付不可でした。

  受付時間 日にちにより異なる

  日時 HPに予定日を掲載

  入滝料 9000円

 2回目以降 6000円

  ※空手着、杖、清酒、塩、線香第含む

  ※5名様以上団体割引有


  詳細はこちらでご確認下さい。



4、神龍山清龍寺不動院

  埼玉県和光市白子2-15-47


  境内の『龍神の池』に湧き出す

  聖水を利用した瀧行ができるようです。

  ※現在、中止されているようです。

  受付時間 水量により異なるため要確認

  日時 申し込み人数が集まり次第決定

  入滝料 8000円

  ※瀧行衣、草履一式貸与、入瀧料、指導料含む


  詳細はこちらでご確認下さい。


まとめ


コロナのため中止している場所が多く

関東近県で調べていくと、、

これ以上は見つかりませんでした。

やる気になった訳ではありませんが

ちょっと拍子抜けです。


こうやって調べていくと、

得られる効果が瞑想に似ているような??

これなら無理して滝にうたれることも

しなくていいのかな?(え)


他の修行にいってみようかな☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。