事例 1 井戸のある家 その弐
事例 1 井戸のある家 その弐

事例 1 井戸のある家 その弐

その例の、

いや霊の(ややこしいなw)

女性ですが

自分の存在を知らせるために

運転中に左の唇の隙間から

髪の毛のようなもの(感覚的に)を

ねじ込んできました!


これにはびっくりして

すぐに道の駅へIN☆

うがいをしてみましたが、

何もでてきませんでした。


そしてその夜が運命の特別瞑想会。

今だから言いますが、

これは瞑想会をうたってますが

立派な除(浄)霊大会でした。


瞑想のS先生と一緒に来たHN君。

なんだかとっても元気がない様子。

でもTシャツは素敵でした(え?)


そのままゆるーい感じで霊視を、

と、その前に聞いてみました。


JUN:「左側に女性、いますよね?」


HN君:「ええ、いますよ☆」

やっぱいるんかーい(笑)

その後、あっさりと

その女性の霊を引き離し

天井付近にいたその霊をみながら

S先生とHN君は


「どうする? このままにしとく?


と、素敵な提案(え)

このゆるーい感じ最高ですね☆

その後、その霊には井戸に帰っていただき

とりあえずベタですが 貞子 と命名。


以後、貞子から解放された

私は肩こりからも解放された…

と思いきや、

実はこの瞑想会の帰りに

また何体か霊を憑けてしまったらしく

(小さくてモフモフしたもの、後にリスと判明)

今後の課題として

「霊障をうけない体つくり」

をする、という運びになりました。

そしてこの日を境に

霊能者を目指すことになりました。

(最初は内緒でしたがw)

でもHN君の凄い力をみて感動し、

同じ悩みで苦しんでいる人を

助けたい、と思うようになり

現在に至ります。


その後、霊力を強くするため

以前よりも瞑想に励むようになりました。


まぁまだまだですけどね。

修行もしてないし。

頑張らねば☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。