事例 1 井戸のある家 その壱 
事例 1 井戸のある家 その壱 

事例 1 井戸のある家 その壱 

※しばらくの間、前に書いた

記事が続きます。


これは私、管理人が

過去に住んでいた家のお話です。


その家はかなり古い家で

間取りが独特、というか

お風呂場に井戸がありました。


古い家なのにトイレは2つ(男女別)

その手前には開かずの物置きがあり

これを書いている今も、

間取りを含め全てを

くっきりと思い出すことができます。



幼少期にそんな家に住んでいたら

それはもう凄くて(笑)

金縛りは毎晩、トイレから笑い声

家の軋み(ラップ音?)など

盛りだくさん(?)でした。



その家が原因で一家離散になった訳ですが

今考えると、そういったもの

(霊的なもの全般)を

全く信じていなかった父親が

流○市から霊能者の女性を呼び、

何やら怪しげな事をやっていたので

よっぽどのことだったのかと思い出されます。



そしてこの家にあった井戸に

何やら女性の霊がいたみたいです。

そいつが実は、幼少期のころから

私の左側に憑いていたらしく、

その存在を知らしめようと

40数年経った今頃になって

私にアクセスしてきました!

そうそう、書き忘れましたが

私は昔からもの凄く肩が凝ります。

特に左肩が思いし、焼けるように

熱くなることもしばしば。


これってこいつが原因なの?

そんなやつを、次回登場のHN君に

かるーく除霊してもらいます☆


そしてこれが、HN君との

初めての出会いになります。

(S先生にはもっと前からお世話になってました。)


その弐に続く☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。