ネタと気力が尽きてしまいそうな時はどうすればいいのだろうか
ネタと気力が尽きてしまいそうな時はどうすればいいのだろうか

ネタと気力が尽きてしまいそうな時はどうすればいいのだろうか


いきなりそんなこと言われても、ねえ?


こんなことを書いている人は

まずいないと思いますが、

まさしく今、この状態でこれを書いてます。


このタイトルのような状態に陥ったとしたら

どうすれば脱却できるのでしょうか?

色々と考えながら、自分の見解も含みつつ

書いてみたいと思います。

・どうしてそうなった?



いつのもテーブルで、

パソコンの前に座りますが

頭の中には何も浮かんできません。

疲れなのか何なのか。

昨日書いた満月前症候群なのか

わかりませんけど、瞑想の状態でいえば

間違いなく「苦」です。

こんな時はどうすれば乗り切れるのか??



その答えはS先生がすでに出してくれていました。

今日に関して、だけではありませんが

まずネタが浮かばないことが多々あります。

それの対処法としてはまず



・ブログの方向性を一つに絞る



やはりこれですかね。

方向性が定まれば、伝えたいことも

おのずと決まってくるはずですし。


やはりここは、スピリチュアル的な

ネタ全般でいきたいのですが…って

これ前に書いたな(笑)


その中でも厳選したお話を、

ってこれも当然の事ですよね。

で、これをどうするのかというと

次に言えるのは



・それを誰に伝えたいのか



これって、このブログを始める前までは

逆に考えてました。


そもそも「誰に対して」という制限を

(ブログで)かけていいものなのか?


ブログとはそういうモノではないという

勝手な思い込みがそうさせていたのか、

ネットでやる以上、不特定多数に向けて

発信するものだと、勘違いしていました。


そういえば今ではなつかしのyzさんに

同じことを(誰に対して発信しているのか?)

言われてこんなことを答えていました。


「ワールドワイドな人達にです」


だって、wwwでしょ?

(↑わーるどわいどうぇぶって、死語だなw)


うーん、ア○丸出しですな

ちっきしょー(?)


そんなんだから何を書けばいいのか

わからなくなるんだよ。



不特定多数の人に向けて

ブログを書くということはまさしく、

誰に向けて何を書けばいいのかわからなくなるのでは?



逆の立場(読者のほう)で考えると、

ネットの片隅で、素性も何もよくわからない

たいして学のない50代のおっさんが

書いたブログに、誰が食いつくのでしょうか?

不特定多数ならなおさらですよね。


これがまたイケメン兄さんや美人なお姉さんが

発信するブログなら話も違ってくるんでしょうがね。



とまあ話がそれてしまいましたが、

「誰に対して」というのは、こういうことですよね?

(違ってたらすみませんw)

まとめとおまけ


↑に書いたことを意識しつつ、

ブログの過去の記事も振り返り、

更新内容も吟味しながら徐々にですが

ステップアップしていきたいと思います。

霊能者インタビューなんてのもやってみたいなぁ☆


で、ここからはおまけです。

通勤のお話なんですが、たまーにですが

GoogleMapのナビに頼ることがあります。


特に帰り道なのですが、

「自宅」までのルートを検索するとします。





・空いている場合、1時間10分弱




・混んでいる場合、1時間40分強





そんな中、今日は何故か


自宅まで53分のルートを見つけました


との通知が!


って、どこの自宅だよ(笑)速すぎるだろ!

と思いつつルートを確認したら…



「関越道~圏央道経由の自宅まで53.7キロ」



おい、もしかしてお前ア○だろ?

けして間違ってはいませんが、

仕事帰りに自宅に帰るのだけなのに

いくらかかるんだ?


と、まあGoogleMapのナビには

今までさんざん騙されてきたので

(とてつもないルートを案内する場合があるw)

いつものことと思い、スルーしましたが


ちょっとしたネタをありがとう☆

これでよく眠れそう。

4件のコメント

  1. たぬきじゃないほう

    あははは高速で帰るとめっちゃ速いじゃないですか(笑)

    JUNさん、そろそろブログ書くことに退屈し始めている頃だろうなと思っていました!

    JUNさんの文章は面白いですし、このまま続けていくのは読んでる側からするとありがたいのですが、このままだと多分、自分がつまらなくなっていってしまうと思います。

    その原因はなにかというと、
    「やりがい」
    「目に見える対価」
    が見えづらい
    というところですね。

    つまり、自分の発信が誰かの役に立ち、それを認めてもらったり、あるいは誰かの役に立っていることを実感できたりすると、俄然モチベーションは高くなるはずです。

    そのためにもやはり、自分の記事が誰の役に立つのか、誰に届けたいのかを明確にしていく必要があり、ぼちぼちそういうステップアップのタイミングに来ているのではないかと思います。
    ちょうど、サイトが飛んでからあらためて100記事達成するくらいの頃じゃなかったでしたっけ?

    ちょっとここでは書けませんが、JUNさんには最高のアドバイスとステップを用意していますので、安心して悩んでください(笑)

    1. >たぬきじゃないほう さま
      そうなんですよ、高速だとかなり早いんです(笑)
      あ、東北道経由ルートもありますよ☆

      な、なんでわかるのでしょうか?
      まさしく、つまらなくなってしまう寸前でした!

      >その原因はなにかというと、
      「やりがい」
      「目に見える対価」
      が見えづらい
      というところですね。
      これは確かにそうですね。
      まったく見えてきませんし、このままやっていても
      意味ないんじゃないか?とまで考えてました。
      そういえば、飛んでからそろそろ100日経過です。
      早いような、そうでもないような?
      でもここまで来れてよかったです!

      最高のやつのご用意があるんですか?
      それはとてもありがたいです。
      いつもいつもありがとうございますm(__)m
      悩みながら、次の下書きを書きますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。